Yakusugi

屋久杉とは

自然のままを感じられる商品を提供

自然界の力に着目した商品の提供を行っています。希少な屋久杉の一枚板をメインに、自然のままの美しさをお客様に感じ取っていただけるようなアイテムを販売しています。半仕上げ状態の板をお客様のご要望に合わせた長さやアレンジ、穴埋めなどを行うことで理想的なオーダーテーブルを制作いたします。木を熟知している職人として品質の良い商品をお客様の元へお届けいたします。

About Yakusugi

屋久杉について解説

  • 屋久杉とは?

    屋久島の標高500mを超える山地に自生しているスギの中でも樹齢が1000年を超えているものを屋久杉と呼んでいます。屋久杉の屋久は地域名称であり、秋田杉や立山杉、北山杉、魚梁瀬杉なども地域名称の付いたスギの木です。スギはヒノキ科の樹木で、屋久島から青森県の津軽半島にかけて分布している日本の特産種といわれています。そんな屋久杉をメインに取扱し、一枚板のオーダーテーブルやカウンター等を制作し、お客様のもとにお届けしております。天然無垢の素材を生かした一生モノのオーダーテーブルを手に入れませんか?
  • 屋久杉と小杉の違い

    屋久島では、およそ1000年を超える杉をとくに「屋久杉」、若い屋久杉を「小杉」と 呼んでいます。江戸時代には、「切り株更新」と言われる真っすぐな屋久杉を選んで抜き切りをすることで、伐採跡の明るい場所に次の世代の杉の木が育つように促す作業が頻繁に行われておりました。樹齢数百年の「小杉」が現代に存在する理由は江戸時代の切り株更新です。豊富な日照を得ることで成長が早いということが特徴で、のびやかなスギらしい姿をしています。 これに対して1000年を超える「屋久杉」は、人間が手をつける以前に誕生したものといえます。伐採跡に育った「小杉」に比べて光に恵まれず、 成長が遅く木目が詰まっていることが大きな特徴です。現在みられる「屋久杉」の多くは凹凸が激しく、利用しにくいということが理由で切り残されたもので、縄文杉や紀元杉など名のある巨木が代表的な例です。現在見ることができる屋久杉は、小杉の大群と利用に不適として切り残された異形の巨木ということになります。
  • 国産材と外材の違い

    住宅を建てる際に建材を選ぶ機会がありますが、国産材と外材ではどのような違いがあるのかご存知でしょうか。国産材は流通量が少なく、外材は太くて大きいものがいくらでも採れるという違いがあります。外材は育ちが良すぎるものが多く、年輪が大きいという問題があります。年輪が大きいと、乾燥による変形が大きくなってしまうのです。 逆に国産材では、径の大きな原木が少なく、曲がりの多い木などでは、寸法足らずになってしまうケースが出てくることや、建材として商品化するまでの期間にも手間をかけてやる必要があります。国産材の特徴の一つとして、日本の気候風土の中で育ったために、建材としても風土にあっている、ということができます。 外材でも中には腐食に強い樹種もあるものの、例えば欧州の材木などは、日本の風土では腐りやすく、シロアリにも弱くなります。こういった耐久性の違いなども、それぞれきちんと確認をして選びたいものです。 国産材の流通の問題には、昔からの林業のあり方など、様々な要素が関係してきますが、住宅に住む側としては、どの木材で建築するのかというのは、実はとても大切なポイント。それぞれの違いを確認し、納得のいく選択をしたいものです。
Point

屋久杉の3つの特徴

  • 妥協のない品質で理想の商品を提供

    一つひとつの品質にこだわりを持ち、希少価値のある国産木材を販売しており、妥協を許さない完璧な製品づくりを行っています。自然の良さをそのままにお客様の元へ提供しており、本来の姿のままで空間づくりをサポートしています。木材には人々を癒すパワーがあると考え、香り・見た目・手触りなど、あらゆる方向から人の心を癒せるような商品の販売を行ってまいります。

  • 木を熟知している職人の技術で制作

    木々と正面から向き合ってきた経験を持つプロとして、職人技を駆使した高品質のアイテムを販売いたします。木を活かす加工技術を習得しているプロフェッショナルが在籍しており、仕入れから納品までベテランの職人が加工に携わっています。その木々が生きてきた世界、これからの生き方について木の活かし方を熟知している匠によって、高品質=本物の姿を現しています。

  • 価格競争は行わず品質にこだわった商品

    様々な商品が販売されている中で、価格競争は行っておりません。その代わり、一枚一枚の品質に合った価格設定を行っております。品質にこだわったアイテムをお客様へとお届けするために、屋久杉をメインに様々な品質の木材を使用して理想的なオーダーテーブルを提供いたします。自然のままを提供できるというメリットがあるからこそ、その良さを十分に感じ取れるような形での商品を制作します。